柿二小禽 菱田春草

柿二小禽

菱田春草

絹本着色 
横山大観箱書 東美鑑定証書
本紙寸法 縦110 × 横39cm 全体寸法 縦203 × 横53cm

近代日本画の確立を目指し、 その才能を高く買われながらも36歳という若さで生涯を終えた菱田春草。
本作は落款・印章から、代表作「黒き猫」(一九一〇年、永青文庫蔵)と 同時期の制作であると考えられる。
垂れ下がった枝の先にかろうじて残る葉は弱々しく、病に冒され苦しむ春草の状況を表しているかのようである。
一方で、頭をもたげ真っ直ぐに空を見つめる目白は色鮮やかで、苦しい中でも前向きな気持ちや願いを持ち続けようとする春草自身の姿にも重なる。
夭折の画家の、繊細で洗練された筆致や色使いが、見る者の琴線に静かに触れる作品である。

2-36 加島美術

〒104-0031 東京都中央区京橋3-3-2
TEL 03-3276-0700
https://www.kashima-arts.co.jp