古高取耳付花入

古高取耳付花入

井上公爵家伝来 小堀宗慶外箱

桃山時代
内ヶ磯窯
高29.6 × 胴径13.8cm

内ヶ磯窯は連房式登窯で御用窯といわれており福岡藩を挙げて経営され、
最高の技術で作られた茶器は藩に献上されていました 。
窯跡から織部好みと言われている沓形の茶碗などが出土しています。
又、朝鮮唐津や萩焼と呼ばれていた焼物が、この窯で焼成されていた事が近年の発掘調査でわかってきました。
この花入れも元は朝鮮唐津といわれていました。
ヘラ目の効いた力強い形は織部好みといえます。
上部の表 裏に掛け金具をつける穴の跡が、底には二という窯印があります。

2-37 古川古美術

〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜1-10-5 サカエ東桜ビル1階
TEL 052-684-8998
https://furu-kobi.wixsite.com/furukawa-kobijutsu